NIHONBOSHITSU

トピックス

燃焼合成による窒化アルミニウムの製造を開始

弊社ではアルミニウム新地金を独自のアトマイズ技術により微粉化し、燃焼合成法により窒化アルミニウムを製造しています。 窒化アルミニウムが持つ高い熱伝導性と電気絶縁性、耐食性等の特性を活かして、半導体製造装置部品、高出力レーザー、高出力LEDの基板、半導体の放熱シートや封止材等の熱伝導性材料を中心にさまざまな用途に採用されています。 弊社は原料のアルミニウム粉から一貫して製造していますので高品質の窒化アルミニウムを低価格で提供することが可能です。

NEW

アストロフレーク®はカラフルで高性能

アルミニウムを基材とした特別な顔料、アストロフレーク®。 弊社では色の開発から粒子化まで一貫して製造しています。アルミニウムの反射により輝きが与えられた鮮やかな色彩は20種類以上。 また、樹脂を基材とする一般的なグリッターとは違い、耐熱性が高く熱可塑性樹脂のカラーリングに使用できます。

自社製のアルミパウダーからの一貫生産体制

あらゆる製品に彩りを与えるコーティングの世界。自動車用塗料、工業用塗料、印刷インキ、プラスチックの着色など、幅広い用途に弊社の高輝度アルミペースト「アストロシャイン®」が使われています。 アルミニウムの溶解し、独自のアトマイズ技術で製造したアルミパウダーをさらにミリング。 原料から一貫した生産体制で管理・製造されるアルミペーストは高い品質を提供します。

日々変化する市場のニーズに応えるために

地球温暖化対策で工業製品についても環境への負荷が少ない原材料の選択が進んでいます。 化学物質の人間への影響についても懸念は高まっており、各国では化学物質の規制が強化されています。 弊社では環境や人にやさしい原材料の選択を進めるとともに、有害物質の除去技術の開発に努めています。

独自のアトマイズ技術でアルミニウムを微細化

独自にアルミニウムパウダーの製造法を開発、安全で経済的な製造ラインの構築に成功しました。1980年にアトマイズ工場を設立、翌年に操業を開始しました。増え続ける需要に対応するため、2003年に新たにアトマイズ工場を建設、 最新の技術により高品質な製品を安定供給できる体制を確立しました。

化粧品、釣りルアー、模型にも使われています

弊社の製品はおもに自動車用塗料や工業用塗料、印刷キンキや樹脂の着色に使用されていますが、化粧品やネイルアートの材料、魚釣りで使われる疑似餌のルアー、ジオラマや鉄道模型のレールなど、様々な用途に使用されています。

ニュース

2022/12/1お知らせ
ホームページをリニューアルしました。
2022/11/18新製品
燃焼合成による窒化アルミニウムの生産を開始しました。
2022/10/5お知らせ
弊社工場のISO 9001(品質) 認証を更新しました。
2022/10/4お知らせ
弊社工場のISO 14001(環境) 認証を更新しました。
2021/10/4お知らせ
窒化アルミニウム生産技術の開発を始めました。